乳首ピンククリームの使い方は?副作用のリスクもチェック!

乳首ピンククリーム 使い方 画像

女性に多い乳首の黒ずみの悩みに対し、
乳首ピンククリームは黒ずみの改善だけでなく
美白や美容・美肌効果が期待できます。

 

ここでは実際に使用する前に効果的な使い方や、
気になる副作用のリスクについてチェックして
おきましょう。

 

 

乳首ピンククリームの使用方法

 

<1回の使用量>

 

乳首ピンククリームの1回の使用量は商品毎に異なり、
それぞれの商品パッケージに1回の適量が書かれているので
その分量を使用するようにして下さい。

 

乳首ピンククリームによる黒ずみ改善効果を実感するには
長期間の使用が必要となりますが、毎回の使用量が少ない場合は
中々効果を実感できず、かといって多くてももったいないので、
1回1回適量を使用するようにして下さい。

 

 

<効果的な使用方法>

乳首ピンククリーム 使い方 画像

 

一般的に乳首ピンククリームは1日2回、朝と夜に使用するよう
すすめられていますが、使用前に商品パッケージに
記載されている1日の使用回数に従って下さい

 

使用前には肌と手をキレイにしておきます。

 

クリームを塗る乳首だけでなく、クリームを扱う指先も
キレイに洗っておきましょう。

 

実際にクリームを塗る際は肌に摩擦を与えないよう
力を入れずに優しく
塗って下さい。

 

クリームの成分を浸透させるように指の腹で優しくマッサージするように
クルクルと伸ばしていくと効果的です。

 

 

<効果を実感するまでの期間>

 

乳首ピンククリームは配合されている有効成分が肌サイクルの
促進を促すことで黒ずみ改善へと導くため、即効性はありません。

 

肌サイクルが正常に機能し、有効成分が黒ずみへと効果的に
アプローチして根本的に改善へと至るには数ヶ月の継続使用が
必要となります。

 

そのため1ヶ月程使用して効果が出なくても諦めず、少なくとも
3ヶ月程は継続使用してみて下さい。

 

 

<使用時の注意点>

乳首ピンククリーム 使い方 画像

 

乳首ピンククリームは乳首の黒ずみ以外に、ワキ、ひじ、ひざ、
くるぶし、ビキニラインなどの黒ずみ改善にも効果的です。

 

ただし乳首以外に使用する際は、塗る場所を変更するたびに
クリームを塗る指先を洗ってキレイにしましょう。

 

またワキやビキニラインは汗をかきやすい場所でもあり、
雑菌が繁殖しやすいことから使用前は体を洗って清潔な状態に
しておくことをおススメします。

 

 

乳首ピンククリームに副作用のリスクはある?

 

乳首ピンククリームは乳首やデリケートゾーンの黒ずみ改善を
目的として商品であるため、安全性や肌への優しさに拘った
商品が多く、添加物フリー処方により副作用のリスクはありません

 

万が一使用後に肌荒れや異常を感じた場合は、クリームを塗った
患部をよく洗い、クリームの使用を止め、念のためにかかりつけの
内科医や皮膚科医の診察を受けることをおススメします。

 

また妊娠している方や授乳している方は肌サイクルが乱れやすく
肌トラブルが発生しやすいデリケートな時期なので、商品に
妊娠期・授乳期間中でも使用できると記載されていない場合は
使用を控えることをおススメします。

 

授乳期間中でも使用可能の商品の場合でも、乳首ピンククリームの
成分を乳児が口にしないように授乳前にクリームを拭き取って
清潔な状態にするようにしましょう。

 

この他にも食物アレルギーをお持ちの方は事前に成分表を
よく確かめ、心配な場合はかかりつけの内科医に相談することを
おススメします。

 

さらにクリームを塗る患部に肌荒れ、湿疹、傷など肌トラブルがある
場合は使用を控えることをおススメします。